先生

脳梗塞の原因を知ろう|自覚症状が無い病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

メカニズムと種類

病院の廊下

樹状細胞療法はがん細胞に攻撃目標のしるしをマークする樹状細胞を利用した治療方法のことです。種類はいろいろとあり、人工抗原や自身のがん組織を利用したものなどがあります。目視できるところにがんがある場合は局所樹状細胞療法が使われることが多いです。

読んでみよう

脳ドックの必要性

頭痛

医療機関推奨の検査

医療機関に行くと様々な掲示物が所狭しと貼られていますが、多くの医療機関では、その中の1つとして脳ドックの受診を促す掲示物が貼られています。脳ドックとは、脳の画像検査のことであり、脳梗塞の発症を阻止するためには、非常に有効な検査となります。脳梗塞は脳の組織が壊死してしまう病気なのですが、脳の組織が壊死してしまう原因は脳への血流が失われてしまうためですので、脳梗塞の原因は脳の血管にあります。脳の血管の内壁に脂肪が沈着して、脳の血管が狭くなり、そこに血栓(血の固まり)ができる、もしくは詰まってしまい、脳の血管が閉ざされてしまい、脳への血流が失われるというのが、脳梗塞発症のメカニズムです。脳の血管が狭くなる現象を、動脈硬化と言います。

脳ドックと人間ドック

動脈硬化になる原因は、加齢や偏食、喫煙、運動不足、ストレス等です。但し、動脈硬化は一気になるものではなく、徐々に進行します。従って、動脈硬化を進行させなければ、脳梗塞の発症を食い止められるのですが、動脈硬化の進行過程で、これといって体調不良が起こるわけではありませんから、動脈硬化の進行は自覚できないのです。そのため、脳ドックが有効なのです。脳ドックの検査内容は一般的な人間ドックの検査内容には含まれていませんので、通常は人間ドックとは別に脳ドックを受診する必要があります。脳ドックを受診すれば人間ドックは受診しなくてもよいのかというと、そういうわけにはいかないのです。脳梗塞の発症原因となる血栓は心臓に異常がある場合も発生しますから、検査内容に心臓が含まれている人間ドックも受診する必要があるのです。

快適に受診するために

医療ベッド

世田谷区は大きな自治体となっていて、医療機関の数や設備が充実しています。透析の処置を受ける際には、自宅から通いやすい立地条件の病院が便利です。世田谷区の病院では、透析の処置に対する負担を軽減させるための対応が多角的に行われています。

読んでみよう

難病指定された腸の病気

お腹を押さえる男性

潰瘍性大腸炎は特定疾患の指定を受けていますが治らない病気ではありません。内科での薬物療法と食事療法などで改善できます。また人工透析と同じ原理で白血球を取り除く治療法もあります。食事療法は植物性乳酸菌や水溶性繊維を摂ることが必要です。

読んでみよう